pilog

映画とか舞台とか人形とかうまいものとか(愚痴とか)いろいろ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD二本立/毛皮のエロス+ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

毛皮のエロスとブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
DVDがでてたので早速DISCUSでレンタル
都合よく2枚セットで到着したので本日はフリークス(失礼)DAYとしました

1本目は「毛皮のエロス
原題は単に「FUR」なのであって、エロスなんてタイトルにつけて
エロス部分で下心をくすぐろうという魂胆がみえかくれ…あぁいやだいやだ
なんで邦題ってこうがっかりさせてくれるのだろう…
毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~
実は映画館で見ようと思ってチラシをとっておいたのに
うっかり見逃した映画 あはは
こんなに早くDVDが出るとは思ってなかったのでびっくりした

ダイアン・アーバスをモチーフにした映画で
伝記映画ではないと最初にはっきり言われてます
私は先にネタ元になった「炎のごとく」を読んだので
主演:ニコール・キッドマンてのに、彼女ではちょっと
大人っぽすぎるのじゃないかしら?と思ってたのですが
この映画のニコールは少女のようで
私が受けたダイアンのイメージとかなり近くて好印象♪
女優ってすごいわと改めて思いました
これでショートアットだったらばっちりだったのにぃ…おしい
彼女のドレスもいちいちかわいくてこれもひとつのミドコロです

映画自体も彼女が1枚の写真とを撮るまでのプロセスを重要視していたことを
ちゃんと描いていてよかったですね
彼女へのオマージュというのもうなづけます
夫のアランがかなりイメージ相違でしたが、まぁそのあたりは
最初に「オハナシですよ」と断りを入れているのでよしとしょう
こんな隣人もいなかったようだしね
娘ふたりがお人形のようにかわいらしくてこちらもミドコロ
でも娘ふたりの名前が変わってたのも?中途半端に名前かえるなら
全員別名にした方が違和感なかたような気もする

ともあれ相当お気に入りになりましたよ
ニコール・キッドマンて今までもすげーきれいな女優だなぁとは
思ってたけど、好きなわけではなかったのよね
この映画で好きになりました(この映画の…というべきか)

因みに原作…というか原案になっている「炎のごとく
イマジネーション元なのでぜんぜん違う話ですが
読んでるのと読んでないのでは映画の見方が違ってくると思うので
余裕ある方は両方みていただくのをお勧め

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」も見逃してた1本
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド スペシャル・エディション
結合体双生児がロックパンドで成功(?)する話
良くできてます
監督がドキュメンタリーを撮ってた人とのことで…なるほどという感じ
ドキュメンタリーだと欲しい映像がなかったりするのだろうけど
素材から作れば思い通りのドキュメンタリーができるということか?
映画内にケン・ラッセルの「TWO-WAY ROMEO」なる映像が流れてて
こんな映画あったっけ??と思ってたら公式サイトで以下の記事発見
映画中映画として、『A.I.』のブライアン・オールディスが双子をモデルに書いた小説『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』を基に名匠ケン・ラッセルが監督した未完成作が登場。

なんだよないのかよ…みたいじゃないか…(T_T)
ちょっとしか見れませんがかなりケン・ラッセル色ですw

※余談ですが※
毛皮…の予告編集にミラ・ジョボビッチの新作がありました
ポイント45<フォーティファイブ>
ポイント45
ウルトラ・ヴァイオレットあたりから出演作に
若干B気味な匂いのする彼女…
作品のよしあしはおいといて、顔がすきだからDVDでるのが楽しみではアル
映画 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(1) | pino

スポンサーサイト

- | 15:26 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://pilog.jugem.cc/trackback/428
TRACKBACK
伝記映画での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
伝記映画 | 一語で検索 | 2007/08/19 9:05 PM
<< 花火 | TOP | ベルサイユのばら再び >>
pinodana